ストールの基本的な巻き方

「大判ストール」とまではいけないけれど、普通のマフラーよりも大きい…そんなストールの巻き方に困っていませんか?ストールは、何通りもの方法で巻くことができます。ここでは、ストールの巻き方をいくつか紹介していきましょう。きっと、今まで知らなかった新しい巻き方が見つかるはずです!

パターン1

ショルダードレープ

体をすっぽりと包むような巻き方です。ストールだけでなく、マフラーにも応用できますね。「ショルダードレープ」という言い方をすることもあります。

  1. ストールのどちらか一方を長めにして、肩にかけましょう。
  2. 長いほうの端を持って、体を包むようにして、反対側の肩にかけましょう。
  3. 首元を適度に開けて、すこしゆったりめに余裕を持たせましょう。

パターン2

パターン2の完成イメージ

次も、とてもシンプルな巻き方です。ストールの長さをそのまま残すため、長身の人におすすめですよ!これならマフラーっぽい感じにもなりますね。

  1. シワシワにするような感じでダーツを取りながら、ストールのどちらか一方を長めにして、肩にかけましょう。
  2. 長いほうを首にまわしかけましょう。
  3. 最後に、首にまわしたほうのストールのダーツを少し調整してください。
  4. さらに短いほうの端も肩にまわすと、違った感じになりますよ!

パターン3

パターン3の完成イメージ

今度は、正面で結び目を作る巻き方になります。結び目の位置によって、違った表情を見せてくれます♪

  1. ストールを縦半分に折って、折り目を首側にして肩にかけましょう。
  2. どちらか一方を長めにし、一度軽く結びましょう。このとき、左右の肩が軽く覆われるようにしてください。
  3. ストールの結び目を胸のあたりにもってきて、端をたらしましょう。
  4. また、幅が広めのストールを4つ折りにして首にかけ、あとは上記を同様に結び、最後に結び目が首の下にくるようにすると、違った雰囲気を楽しむことができますよ。

パターン4

パターン4の完成イメージ

大きめのストールを使った巻き方です。個性的なスタイルで、注目を集めることでしょう!ぜひ、お試しください!

  1. ストールを広げたまま肩にかけましょう。
  2. 端から4分の1くらいのところをつまみ、その部分を結びましょう。
  3. そのまま結び目が首の下あたりにいくように、引っ張ってください。
  4. 次に結び目をまわしていき、肩に乗るようにして、首まわりを整えましょう。

パターン5

パターン5の完成イメージ

これもパターン4同様、大きめのストールを使います。マフラーには真似できない、独特の巻き方を楽しんでみてくださいね!パーティーに行くときなどにも、ぴったりです♪

  1. ストールを広げたまま、左右同じ長さにして肩にかけましょう。
  2. きれいなドレープを出すため、片方の端を外側に数回巻き込みましょう。
  3. 巻き込んだ端をつかんで、反対側の肩にかけましょう。
  4. もう一方の端も同じように巻き込んでから、反対側の肩にかけましょう。
  5. 最後に、正面のドレープを整えましょう。

パターン6

ワンループ

長いストールもマフラーのように、すっきりシャープに見せる巻き方です。
もちろん、マフラーでもできますよ。ちなみに、これは「ワンループ」とも言います。

  1. まずは、縦4つ折りにしたストールを半分に折りましょう。
  2. そのまま首にかけて、マフラーの端を輪の中に通してしまいます。
  3. 最後に、形を整えましょう。このとき、マフラーの端を引っ張り過ぎないように気をつけてください。

パターン7

パターン7の完成イメージ

風に吹かれても崩れない、しっかりした巻き方になります。
正面、横、後ろ…どの角度から見ても、すっきりした印象を与えます。

  1. ストールを縦半分に折って、折り目を首側にして肩にかけましょう。
  2. どちらか一方を長めにして、一度軽く結びましょう。
  3. 片手で結び目をつかんだまま、結び目が肩に乗るようにストールをまわしてください。
  4. 最後に、首まわりに少し余裕を持たせるようにして整えましょう。

ページの先頭にもどる